フランスの国民性その1

Pocket

みなさんは、フランスに旅行したことがありますか?
旅行するとその国の人々のことがわかるようになりますよね。
国民性というか、フランス人はこんな感じの人が多い、というようなだいたいのイメージが持てると思います。
例えば、アメリカの人はおおらかな人が多いとか、そうした国民性を理解するのにも旅行して現地で過ごすことが一番なのだと思います。
さて、フランス人はとても個性が豊ですから、それぞれ、バラエティに富んでいる人が多いです。
ですから、フランスの人々とひとまとめに「こういう人」と定義づけることは難しいです。
以前、私の同僚でフランス人の男性がいて、一緒に数年、仕事をしましたが、当時、私が持っていた、フランス人のイメージは「細かい」ということでした。
彼は納得できるまで何度も質問してきて、何事も質問が多かったのです。
ですが、今、振り返ってみれば、それは彼の性格であり、国民性となんら関係はなかったのかもしれないと思っています。
では、現地、フランスでは人々はどのように暮らしているのでしょうか?
フランス旅行を計画している方も、行く前に現地のことを少しでも知っておくと良いでしょうね。
フランスの労働時間は一週間で35時間です。
日本はちなみに40時間ですね。
比べてみると、5時間しか差がないのですが、日本人はこれ以外に残業をしていますよね。
それに比べて、フランス人は残業をほとんどしません。
もし、仕事が残っていても終業時間になれば、半強制的に帰宅させられることもあるようですね。

コメントは受け付けていません。