フランスの国民性その3

Pocket

たまに、コンビニのようないろいろなものを売っているお店がフランスにあっても、日本のように24時間、営業はしていません。
そして、ショップは日曜日、お休みです。
需要があるのに、日曜日にお休みするなんて、日本のショップでは考えられないですよね。
ヨーロッパの国の中では、セブンイレブンがある国もあります。
ですが、フランスはこれを拒否しているそうです。
不便でもフランス人は動じないのですね。
私が思うには、不便だというふうにフランス人は感じていないのでしょう。
例えば、日曜にショップが休みということは当然であり、それまでに買い物しておけばいいと思うのでしょう。
そして、コンビニがなくても、夜中に買い物に行かなくて良いようにしておけばよいだけですものね。
セブンイレブンは、昔からあったわけではないですよね。
私たちが子供のころは、コンビニエンスストアなどありませんでした。
それはそれで、別に不便だとは思いませんでしたよね?
ですが、24時間営業のコンビニにすっかり慣れてしまった私たちは、フランスに旅行した際、コンビニがないと驚き、不便に思うかもしれません。
これもお国柄だと思いますが、フランスには19世紀ごろに建てられたアパートが現役で活躍しています。
古いアパートの外観は、フランスの条例で変えることが出来ません。
フランスを旅行した際に、こうした古いアパートが並んでいる風景を見たことがある方も多いのではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。