ベルギー・中世のおとぎ話の世界へ誘う、ヴェーヴ城

Pocket

ベルギーは、ブリュッセルやブルージュ等、人気観光スポットが沢山ありますが、もし、お城を見ようと決めているのでしたら、是非ヴェーヴ城に行ってみましょう。ここは、知る人ぞ知る、素敵なお城として、密かに人気になっているスポットです。
ヴェーヴ城は深い森の中に建つ、中世のおとぎ話の世界に出てくるような、まるで絵のようなお城なのです。ですが、ヴェーヴ城に行くツアーはないので、交通は少し不便です。ブリュッセルから電車で1時間40分くらい、ディナン駅で降りて、そこからタクシーで10分くらいかかります。少し遠くても、来て良かったと思えること間違いないお城です。
タクシーから降りて、森と草原の間の道を歩いて行くと、お城が見えてきます。とんがり帽子を載せたような塔が5つある、中世のイメージそのもののお城です。インターホンで呼び出して、門を開けてもらい、料金を払ったら、日本語の案内書を読みながらの自由見学となります。
お城は最初に建てられたのが7世紀ですが、その後何世紀にもわたって、建て直されたり、焼失したり、また建てられたりと、色々大変な目に逢ってきたお城です。現在のお城の姿になったのは18世紀に入ってからとのことです。ですから、時代の変遷や所有者が変わったりして、部屋ごとに内装が違ったりするのも、見学する側にとっては面白みがあります。
部屋の中には当時の家具や小物がそのまま飾られている所もあり、お城での貴族の方たちの生活を垣間見る感じで、興味深いと思いますよ。

コメントは受け付けていません。