ESTA

Pocket

アメリカへ海外旅行に行く人は「ESTA」の申請をしなければいけません。
海外旅行へ行く前に日にちに余裕を見て準備するようにしてください。
アメリカの入国制度は2009年から次のようになりました。
観光目的、出張などで90日以内の短期滞在をする人、つまりビザを取得しないでアメリカへ行く人については「ESTA」という電子渡航認証システムでの事前申請を行うように指示したのです。
インターネットで事前申請を行うものなので、渡航前に行っておく必要があります。
海外旅行だとしても長期間滞在する場合には、準備しなければいけません。
アメリカでは、テロ防止を目的として、ビザを免除している国に対してESTAの導入を決めたのです。
ビザを免除している人の情報を事前にインターネットで収集しておき、アメリカへの訪問条件をきちんとみなした人なのかを出発前に確認しておくのです。
アメリカ国内へ行くのではなく、乗り継ぎでアメリカの空港に降り立った場合も同様にESTAの事前申請が必要です。
ESTA認証を受けてから行かなければ、入国を拒否されてしまうので注意してください。
ESTAの手続きは、インターネット上のESTAのサイトにアクセスして基本的には自分で行います。
ESTA申請のときに、14ドル支払う必要があります。
インターネット上にてクレジットカードで支払うことになります。
名前や性別、生年月日、飛行機の便名、パスポート番号などを入力します。
入力はローマ字です。
いくつか質問もあるので、「はい」「いいえ」で答えます。
申請を行うと、72時間以内には回答がでるので、確認を忘れないようにしてください。
「認証」されればOKですが、もしも「拒否」されてしまったら「ビザ」の申請をしなければいけません。

コメントは受け付けていません。