搭乗手続き

Pocket

空港についてまず行うことは「搭乗手続き」です。
海外旅行の場合、出発時刻の2時間前までには済ませておくことが必要です。
荷物は、機内持ち込みするものと預けるものは分けて準備しておくようにしましょう。
搭乗手続きの際に必要なものは、機内持ち込みする手荷物へ入れておくように準備しましょう。
冊子、パンフレット、ガイドブックなども機内持ち込みすると、飛行機の中で到着まで時間があるのでゆっくり読むことができます。
現地での行動プランを仲間と考える時間にもなります。
自分たちが乗る航空会社のカウンターへ行きます。
カウンター前に機内に預ける荷物のチェックがあります。
検査官がX線にて中身をチェックします。
このとき搭乗券を見せるように指示されることがあるため準備しておきましょう。
次にカウンターでチェックイン手続きをします。
パスポート、搭乗券をスタッフに渡して、機内に預ける荷物を渡します。
確認が終わると、出発時刻何分前までに何番ゲートに行けばいいのか伝えられます。
時間変更などないか確認しましょう。
時間までしばらく空港内で過ごしたあと、時間に間に合うように余裕を持って搭乗ゲートに向かいます。
このとき機内持ち込みする手荷物のチェックがあります。
人はゲートをくぐり、金属を持っていないかチェックされます。
セキュリティチェック後、出国審査官のいるカウンターに並び、順番に審査を受けます。
パスポート、搭乗券を渡して、出国スタンプを押してもらいます。
これを通過してやっと飛行機に乗れるのです。
出国審査に時間がかかることもあるため、海外旅行のときには時間に余裕を持って早めに空港へ行く必要があるのです。

コメントは受け付けていません。