食事

Pocket

海外旅行の楽しみの1つと言えばやはり「食べること」だと思います。
食事はツアーについていたり、自分たちで現地のレストランへ行って食べたりすることになると思います。
日本でプランを考えているときに、いいお店を見つけたら事前に予約しておくといいと思います。
言語に自信がある人は電話やFAX、あるいはインターネットで予約するといいと思います。
言語が心配な人は、旅行会社を通して予約するといいと思います。
ただし手数料がかかるかもしれません。
もちろん現地に行ってから予約することも可能です。
ホテルの部屋にある電話からレストランへ電話して、自分で予約するか、ホテルのフロントなどに頼んで予約してもらうといいでしょう。
海外旅行ではチップを用意する必要があります。
レストランでは特にチップが必要なるため、小銭を準備しておきましょう。
海外での食事のマナーについて説明します。
レストランへ着いたら、入口で予約名を伝えます。
勝手に店内には入らないで案内されるのを待ちます。
案内されてテーブルまで歩くときにレディーファーストなので女性を前にします。
料理をオーダーするとき、メニューを見て何がいいのか困ったらお店の人におすすめを聞いてみるといいと思います。
「おすすめはなんですか?」という英語を覚えていくと便利です。
食事後の支払いは、海外ではテーブルで行います。
日本のように席を立ってレジに行くのではなく、座ったまま「チェックプリーズ」と勘定をお願いします。
勘定書にサービス料が入っていなければ、チップ分も支払うようにしましょう。
カードで支払うときには、チップ分だけ小銭を置いていくか、カードの伝票にチップ額を記入する欄がありますので確認してください。
レストランによっては、ドレスコードがあるところもあります。
少しおしゃれなレストランを予約したときには、入店を断られないようにきちんとした服装をしていかなければいけません。
どんなときにも困らないように最低でも1着はドレスコード対応の服を準備していった方がいいと思います。

コメントは受け付けていません。