トラブル対策

Pocket

あってはいけないことですが、海外旅行ではどんなことが起きても不思議ではありません。
不幸なことにトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。
いざというとき慌てずに行動することで、被害を最小限に食い止めることができます。
トラブルに合わないにこしたことはないのですが、知識として対策方法だけは頭に入れておくようにしましょう。
「パスポート紛失」。
パスポートは必ずコピーをとり、別途パスポートのナンバーと発行年月日をどこかにメモするなどして控えておくようにしましょう。
出発までにコピーを準備して、パスポートとは別の場所に保管して海外旅行へ持って行ってください。
海外旅行中にもしも紛失してしまった、あるいは盗まれてしまったら、すぐ現地にある日本大使館へ行き手続きをしてください。
このとき行うのは、「紛失届」と、「新規発給申請」です。
もしも帰国を急いでいたら「渡航書発給申請」をします。
「クレジットカード紛失」。
クレジットカードを紛失あるいは盗まれたら、すぐにクレジット会社へ連絡してください。
日本からカード会社の連絡先、カード番号、有効期限などをメモしていき、いざというときに連絡がとれるように準備していってください。
不正使用されないように、すぐにカードの無効手続きをとってもらわなければいけないので、早急に対応する必要があります。
「航空券紛失」。
すぐに航空会社へ連絡して再発行依頼をする。
航空会社の連絡先をメモして、航空券のコピーを準備しておくといいです。
どんな場合にも事前に連絡先などをメモして準備していることですばやい対応ができます。
紛失してから慌てて連絡先を調べても、時間が経つほど不正使用される可能性が高くなりますし、取り乱していて冷静に探せない可能性があるからです。

コメントは受け付けていません。