海外旅行の保険とは

Pocket

どれくらいの人が日本から海外旅行に出かけているでしょうか。
その際にほとんどの人が保険契約をしています。
具体的にどのような保険なのでしょうか。
海外旅行の渡航先と滞在日数によって保険の内容と契約金額が異なります。
また、旅行会社と保険会社が一体となって、おすすめの契約を準備していることが多いようです。
海外保険の補償内容を見てみましょう。
基本的なことは国内の保険と同じです。
死亡、傷害、疾病、治療が基本となります。
それにオプションとして、保険会社毎に用意している内容が付加されます。
利用者が多いのは、携行品損害でしょうか。
スリに対する補償です。
それから航空機遅延補償も海外旅行特有かもしれません。
飛行機が遅れたために、ホテルや観光先での余分な費用の発生が補償されます。
救援者費用と言うのもあります。
これは旅行中の被保険者が事故に遭った場合、その親族が救援のために支出した費用が補償されるものです。
海外旅行での事故に遭いたいわけではありませんが、遭った場合には様々な費用がかかることになります。
それが補償されるのですからおすすめですね。
海外旅行保険で注意しなければならないのは、手続きと補償の期間です。
出発当日までに契約すればいいタイプと事前に契約しなければならないタイプがあります。
海外旅行の日数に応じて、保険金額が変わってきます。
旅行を計画する時に保険も確認しておきましょう。
どこまで補償を付けるかを迷うことも少なくないからです。
もちろん、保険が支払われずに無事に帰ってくることが一番です。

コメントは受け付けていません。