海外旅行と病気

Pocket

海外で病気になった時にはどうすればいいのでしょうか。
もちろん、病院に行くことになりますが、健康保険証を持っていても意味がありません。
支払いは現金でしょうか。
通常は1割、または3割しか支払っていないのですから、全額支払いとなると大きな出費となります。
海外旅行自体が楽しめなくなるでしょう。
そのような時のための保険が海外旅行保険です。
死亡補償、障害補償、病院の補償など、様々な形で補償を受けることができます。
インターネットで調べてみるとすぐにわかります。
おすすめの保険はありますが、病気の補償を付けない人はいないでしょう。
アメリカのような近代国家でもデング熱が心配です。
もちろん、国内にいても病気の心配はありますから、海外旅行だけ特別に考える必要はありません。
注意したいのは持病を持っている人です。
薬を毎日飲んでいる人も少なくないでしょう。
それでも保険の適用を受けることができる特約がおすすめです。
保険会社によって取り扱い方は違っていますから、十分検討しておいてください。
海外旅行保険の手続きは出国当日まで可能です。
ただ、早めに検討しておく方が安心でしょう。
インターネットからの手続きをすると、割引を受けられるようになっています。
会社によってはかなりの差がある場合もあります。
何事も早めの準備です。
渡航先の病院事情も事前に調べておくと安心ですね。
病気になりたいわけではありませんが、食べ物が合わず、下痢や腹痛に見舞われる可能性は少なくありません。

コメントは受け付けていません。